どうしても便秘が解消されない時の非常手段

MENU

どうしても便秘が解消されない時の非常手段

便秘は2,3日くらいだったらたいして気になりません。しかし、この状態が1週間続くとどうなるでしょう。出るべきものが出ないのでは、安心して食事を楽しむことができません。だって、食べた後の不要物はどうなったのだろうと不安になるからです。

 

一週間も便秘が続くのであれば、非常手段に出るしかありません。私の場合はビールです。これでもか、というくらい大量のビールを1度に摂取します。こうすると、尿意を催すのは当然ですが便が軟らかくなるのです。

 

この手段は決して良い方法とは言えません。便秘から下痢へと症状が移行するだけです。あくまで最後に使用すべき非常手段なのです。

 

朝、マグカップ一杯の白湯でお通じスッキリ

私のおすすめ便秘解消法は「朝、起きたらまず白湯を一杯飲む」ことです。

 

マグカップ一杯分の白湯を、ゆっくり飲みます。

 

出来れば、出掛ける1時間半前くらいがベストです。

 

なぜこれが便秘解消法になるかというと、眠っている腸が白湯を飲むことでぱっち目覚めて、動き始めてくれるからです。

 

腸が起きてくれないと、お通じもうまくいかなくなるのです。

 

起きていきなりごはんを食べる、というのもなかなかハードですし、第一、早く朝ごはんを食べすぎると、お昼前にお腹が空いてしまいますから、まずは白湯で腸を起こすのです。

 

白湯で起こした腸は、出掛ける前には活発に動いてくれます。

 

これでトイレでスッキリして、すがすがしく出掛けられる、というわけなのです。